×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

講談社 週刊 鉄道模型 少年時代

Image Replacement

鉄道模型初心者も目からウロコ !!

ジオラマ製作における 「東西南北」の意味 とは?


↓  ↓  ↓

【 ジオラマ製作の秘訣がわかる !! 】



講談社 週刊 鉄道模型 少年時代について

01.jpg 講談社から鉄道模型の週刊で少年時代というものが出版されました。よデアゴスティーニ・ジャパンが販売する方法ですが、 鉄道模型のジオラマに関しては、講談社のほうが有名なようです。理由は、この週間証券時代が発売されるよりも前に 「週刊 昭和の「鉄道模型」をつくる」という雑誌が発売されていたからです。2007年から2008年のことでした。
鉄道模型はいろいろな大きさが存在しますが、ここではNゲージレイアウトの制作と言うことでした。 これがある程度ヒットしたため、その続編となる「週刊 鉄道模型 少年時代」が同じく講談社から出されました。
デアゴスティーニ・ジャパンからは、「週刊 蒸気機関車C62を作る」というものが出版されました。 こちらはジオラマ製作ではなく鉄道模型車両制作マガジンだったようです。
「週刊 鉄道模型 少年時代」の特徴は、ミニレイアウトにエンドレスレールを敷いたことだと思います。そこに川や橋や 建物や山やトンネルなどが配置されています。効果音が出たり、LED照明がついている点も新しかったと思います。
創刊号から始まり、全巻編成は75巻でした。「週刊 鉄道模型 少年時代」では、その他に特製クリアケースや特製オリジナル バインダーなどがオプションとしてついていました。
デアゴスティーニ・ジャパンの「週刊 蒸気機関車C62を作る」から講談社の「週刊 昭和の「鉄道模型」をつくる」から る「週刊 鉄道模型 少年時代」まで、これからもNゲージの鉄道模型ジオラマ製作がとても楽しみですね。


鉄道模型初心者も目から鱗 !!

  驚きの簡単ジオラマ収納方法とは?  


↓  ↓  ↓

【 ジオラマ製作 作り方のコツはこちらから 】